ペリオ オフィスコントロール

全身疾患・生活習慣病としての歯周病。
全身疾患・生活習慣病としての歯周病

人口の8割が罹患しているという歯周病。8割の方々が2ミリ以上の深い歯周ポケットを有していることになります。糖尿病、心疾患をはじめとして、歯周病が多くの全身疾患と関わりがあることも確認されています。高齢化社会が本格化したいま、歯周病は、高齢者ばかりでなく多くの生活習慣病患者の生活に影響を与え、ひいては医療費増大の遠因になっているとも言えるのではないでしょうか。私たちプロの歯科医療従事者が、歯周病を管理し健康に保つことができれば、生活習慣病を減らし、自分の歯で食事ができる健康な高齢化社会を作り上げられるかもしれません。
歯科のプロによる「ペリオオフィスコントロール」で健康な社会を
歯科医療のプロによるペリオオフィスコントロール

歯科医・歯科衛生士など、歯科医療のプロによる「ペリオオフィスコントロール」を提案します。『ホップブラシ P-1』は、これまで困難だった知覚過敏の歯周ポケット清掃にはじまり、糖尿病患者やワーファリン等を服用中の心疾患患者、重篤な歯周病患者などの治療にも有効です。ぜひ、これまでの自宅での「ペリオコントロール」とともに、幅広い患者さまの定期的な来院を推奨し「ペリオオフィスコントロール」を実行してください。それが歯科医療従事者による健康な社会作りにつながると、私たちは信じています。